ゲシュタルトテクニック伝授セミナー

百武正嗣の「ゲシュタルト・テクニック伝授セミナー」
<終了しました。動画で視聴できます>


百武のテクニックを伝授するセミナーです。
微細なソマティックのフェルデンクライスと、ゲシュタルト療法の融合をお楽しみください。

心の悩みを解消したい方へ

生きづらさを変えたい
自分を好きになりたい
親との関係を変えたい
キレる自分をやめたい
対人関係で楽になりたい
今までいろんなセラピーを受けてきたが、もっといいものがないか探していた
心理療法をいろいろ試したが、生きづらさが消えない
頭で理解するセラピーに限界を感じている
なかなか感情を出せない
身体の感覚から悩みの本質にアプローチする方法を知りたい
コーチングやNLPを学んだが、本質的なものを受けたい
など

 

プロ心理カウンセラーの方へ

心理カウンセラーをしているが、もっとお客様の悩みを解消できるようになりたい
見立てをしないカウンセリングをできるようになりたい
誘導しないカウンセリングを身につけたい
リピートが絶えないカウンセラーになりたい
プロカウンセラーになりたい
ベテランカウンセラーの実際のワーク風景を見てみたい
ゲシュタルト療法は名前だけ知っていた
エンプティチェアの効果的な使い方を知りたい
コーチングやNLPを学んできたが、本質的なものを学びたくなった
認知を変えるだけだと、悩みの解消にならないと感じてきた
ソマティック(身体)から、悩みの本質へアプローチする方法を知りたい

など

76歳レジェンドセラピストの
すごいワークをリアルで体験してください!

7月29日 「フェルデンクライス×ゲシュタルト」
〜見立てをしない!共感しない!傾聴しない!身体からアプローチするセラピーテクニック講座〜

通常のセラピーでは、傾聴して、共感して、見立てをして、それから介入していきます。
ゲシュタルトセラピー、いえ、特に百武は、傾聴をしません。共感もしません。見立てもしません。
他のセラピストとは全く違うスタイルですので、初めて百武のワークを体験する人は驚きます。
「いちいち傾聴したり共感したりしないから、脇で見ていたときには印象が悪かった。でも、自分がワークをしてもらったら、そんなことは感じなかったし、他の何人ものセラピストでもたどり着かなかった自分の本当の問題を、一回のセッションで解消してくれた!」と。
「本物の心理セッションとは!」の答えが得られる一日になります。
微細なソマティックのフェルデンクライスと、ゲシュタルト療法の融合をお楽しみください。

<テクニックシリーズ参加者の声>

●K.N様 心理士
身体と感情の繋がりがよくわかりました。講義も良かったですが、実技をみれるのは、大変勉強になります。
zoomでは、身体の変化などがわかりにくいですが、クライアントさんの胸に詰まる思いが共感できたりと、こちらまで、詰まってきました。吐き出して、涙する事で、身体の固まった部分の緊張が溶けていくようで、素晴らしかったです。ありがとうございました。

●K様 主婦
初めての会場参加で緊張しましたが、皆さんのワークを見学しながら自分でも背中や胸、横隔膜を張る感じや緩める感じを一緒に体験してみると自分の身体の緩め方がよく分かり緊張も緩めることができました。また、今回は呼吸がテーマでしたので実際に近くで見ることで呼吸の様子がよく見えて会場参加にしてよかったと思いました。自分の声と伝えたいことのギャップを感じることが時々あるので、試してみようと思います。ありがとうございました。

●やんちゃん様 セラピスト
理論はもちろんですが、やはりワークがあるのがいい!
ZOOMでの参加ですが、リアルタイムでのワークはその場で共にセッションを受けているような感覚になります。おかげで、朝から固くなっていた首がいつの間にか柔らかくなっていました。体感で効果が感じられるので、腑に落ちることが多いです。これまで自分のクライアントの呼吸の変化に気づくことはありましたが、何が起こっているのか、そこに焦点を当ててセッションを行うことが出来ませんでした。今回のセミナーを受けて、次回クライアントへのアプローチがいくつも頭に浮かんできました。参加して良かった!ありがとうございました!!

●JY様 セラピスト
百武さんのことはお聞きしていて、いつか講座に出てみたいと思っていました。今回初めて参加し、幸運にもワークをしていただくことができました。実際のワークを見せていただき、どのようにひも解かれていくのかリアルで見ることができたことは、素晴らしい体験でした。身体と心の深い関係が、クライアントの微細な変化からわかるのもとても貴重な経験でした。
自分自身のワークも受けることができ、心の中にずっとあった痛みが、やっと動くことができました。これは、もちろん、時期ということもあったと思いますが、この講座の「場」があって、百武さんという方がいて初めて可能だったのだと思います。本当にどうもありがとうございました。

●KT様 薬剤師
私自身は百武さんのきちんとした講義を受けるのは3回目なので、内容に慣れてきたことと、それに加えて百武さんがノリノリだったせいか、今までで一番自分に余裕を持って聴けた気がします。

●たかさん ライフスタイルコーチ
本日もありがとうございました。いつもながら百ちゃんの深いワークには関心していますし感嘆といいますか驚きをもって興味深く見させていただいています。その中で百ちゃんの深い愛情にふれながらたくさんのことを学ばせてもらっています。これからも学び続けていきます。よろしくお願いいたします。ありがとうございます。

●のぶ様 カウンセラー/セラピスト
直感に導かれて参加しました。ワークの中、百武さんのファシリテートの中で、今まで46年、こんなに苦しい呼吸をしていたことに気付きました。ありがとうございます。

●よし様 経営コンサルタント
つながり・関係性の中で何が起こっているのか、何がが起こるのかにフォーカスしてセッションをしてみようと思った。

●TAK様 会社員(製造業)
とくに誰かのワークの中で、胸骨を固くしていることによって家族に想いを伝えられず、かたくなに守り続けていたのが、ソマティックのアプローチによる施術を少しだけ行うだけで、あたかも心が筋肉に封印されていたかのように解放されて穏やかな表情で想いを表現できるようになった様子を目の当たりにして、確かに、言いたいことを自分は飲み込んでいることが多くて、胸骨の部分も触ってみると固いと感じました。運動をすることで、酸素も多く取り入れることができて、横隔膜も大きく動くようにはなったのですが、放置しておくと胸が固いことが多いので、意識して胸を柔らかくして、より自然に人に対して想いを素直に等身大で伝えられるようにしていこうと思いました。

●KT様 福祉関係
特に印象に残っているのは、自分の子どもの頃の楽しい場面を思い出すとそれだけで、肩の力がふっと抜ける、口元がほころぶ、胸の奥がほんのり暖かくなるなどの、体に変化が起こったこと。身体の反応はすごい!です。

●CL様 コーチ
体は嘘をつかない。ももちゃんの誘導により感覚を表現することで、自分の中にあるものが変化していくのを感じた。特に、子どもの頃に感じていた突き上げるようなエネルギーを再体験できたのは、大きかった。

●K様 主婦
オンラインのセッションも直接触れることが出来なくてもソマティックなアプローチが可能なことが体験出来ました

●Y.Y様 カウンセラー
ソマティック、タッチテクニックということで、興味深く参加させていただきました。今回は会場参加が羨ましかったです。でも、zoomでも得られるものは沢山ありましたし、タッチをすることの意味がよく分かりました。大人になってしまうと、つい理論的なことばかり考えてしまって、体の感覚を無視してしまう。私自身も、この課題があり、試している途中でしたが、この方向で良かったんだ!と自信が持てました。体の意識から脳が成長していく。それも大人になっても。ということで、これからも引き続き、体の感覚に意識を向けようと思います。

●JY様 セラピスト
この講座に出て、「感じる」ということを、ていねいに体験したことがとても大きかったです。赤ちゃんの感じかた(目を閉じて)で感じてみたこと、そして次に目を開けて感じてみた時の差が、とても大きかったのに驚きました。いままで感情や痛みや色々感じてきたのですが、微細なことを「感じる」ということは、もしかしたら、過去のできごとから、止めてきていたのかもしれません。講座にでてから、頭で考えるより「感じる」ことをまずするようにしています。それによって体験がどう変わってくるか、物のとらえ方が変わるのかなど、実験していて、おもしろさも感じています。自分の「感じる」ちからが増したら、クライアントさんの微細な変化にも気が付きやすくなるのでは、と思い、そうなれば一石二鳥ですね。人に触れた時の自分の状態が相手に伝わり、それが返ってくることがわかるワークも、大切なことが学べてよかったです。セラピーの基本を身体へのタッチということを通して学べた貴重な機会でした。どうもありがとうございました。

●K様 主婦
事象を事象としてみるという事の大切さを再確認しました。ついつい自分や自分の周りで起きた出来事に意味を見つけようとする。そんな自分を確認しました。具体的に言うと息子に嫌味を言っている時に何故か母の顔が思い浮かんだので私は家族連鎖だなと思っていましたが、実際にワークをしてみると私の家族のシステム中での自分の位置の問題だとわかりました。改善の行動として嫌味を言いそうになった時に3歩くらい離れてみるというアイデアが出たので実行してみます。

●ちえみ様 保健師
ゲシュタルト療法とは、とてもシンプルで、とても自然なものなんだと思いました。がゆえに、それをファシリテートする技術がクライエントに与える影響が大きいと思いました。見立てをしない、ジャッジをしないと心得る前に、初心者の私はまず、人は見立てやジャッジをしたがるものだということを素直に理解していこうと思います。次回も受講予定です。初心者ということを気にせず、めいっぱい学び、楽しみたいです。ありがとうございました。

●J.M.様 心理セラピスト
回を重ねるにつれて深まるアプローチ法に、それまで積み上げた5日間の一つ一つのスキルとありようが、有機的に組み立てられているのを感じます。個人的には家族彫刻やコンステレーションと家族連鎖の違いを教わって、よりゲシュタルト療法の哲学を背景としたアプローチの仕方、ファシリテーターのありようについて体験できたことが収穫でした。

●M様 コーチ
改めて、家族との関係、体験、そこで何を感じたか、感じているか、は大きな影響を受けることがわかった他の方のセッションも見ることができ、勉強になった途中、仕事で抜けていたので動画を楽しみにしています

●シンタニ様 ファイナンシャルプランナー
生きる気力がない状態での参加でしたが、自分がそれでも愛されたいとか、かまってほしいとか、そんなことを思っているんだなと気づきました。そしてそれが叶えられなくて、笑えないとか、みんなの中に入っていけないとかの状態にも気づきました。ただそんな状態でも、みんなが普通に振る舞ってくれ、今まで経験したことない安心感の世界を感じました。とりあえずは、ただただそんな状態にびっくりしました。

●Y.H様 自営業
家族の価値観なのか自分の価値観なのかを見分ける事の重要性と家族は自分達で作っているものだから自分達で変化させていく事ができると学ばせていただきました。

●Keiko Miyahara NGO職員 NPO理事 大学相談研修員
冒頭の解説が非常に分かりやすいものでした。だんだん,「共感しない」「傾聴しない」の意味が分かってきました。自分は「presence」の研究をしている関係から,ロジャースが晩年に,自分はずっとTherapist Offered Conditionsを強調してきたが,もっと大事なことがあるとインタビューに答えているのを読んでいたので,百武さんの「ロジャースはオウム返しなんか提唱していない」というお話に,深くうなづいておりました。後半は動画で視聴します。楽しみにしております。

●T.Y様 カウンセラー
どのような流れで行われているかを知りたくで参加させていただきました。驚いたのが、私はzoom参加でしたが、zoomという限られた条件の中でもエンプティチェアーでのワークを体験できたこと。これは予想以上のことで、zoomで体験できたことはとても貴重でした。家族連鎖は、テーマは深く、中には重いものも多いですが、ワクワクするような気づきが多かったです。会場でのたくさん椅子が並んでいく家族連鎖も、いつか体験してみたいです。

●よし様 経営コンサルタント
クライアントの話のままに、家族の人を配置してもらい、ただ観察する、感じることを辿っていくことで、見えていなかったことが見えて新たに感じられることが感じられる。正しさはないというあり方がこのワークを気づきへと導いてくれると感じました。

 

百武の講座参加者の声
●小倉広様 56歳 著者・講師
なぜ自分がそうしているのかは実感に上がらないとわからない。
自分を使わないと他人や権威を使う。のどが渇いたら、水を飲むまで解決しない。
百ちゃんのすごいのは理屈以上に百ちゃんが百ちゃんであること。すると僕が僕であることができる。カウンセラーでもセラピストでもなく、百ちゃんは百ちゃん。

●生井由起子様 40代女性 心理コンサルタント
1,印象に残ったこと
何が起きているかが意識できたら、あまり長く深くとどまらず行ったり来たり。
2,感じたこと
流れ弾にたくさん当たって気づきが多かったです。ありがとうございました。

●高張洋子様 50代 心理カウンセラー
最近、思考で解決策を考えるばかりで、感じることや気づくことが減っている感じがしていました。
百武さんのワークは素晴らしいとの話を聴いていたので、そんな状況を打破するキッカケにもなりそうでぜひ参加したいと思いました。
2、講座に参加して感じたこと、気づいたこと
リアルでワークを拝見させていただき、久しぶりに心が動いた感じがします。
クライアント役の方の 話すことが、ぴったり自分と重なり、涙が流れました。
身体の感覚をどうやって大切にするかを、思い出せたような気がします
ワーク中で「相手に振り向いてもらえない前提で呼ぶ」という言葉が出て、ああ、自分もそうだ」と深く刺さりました。
スッキリして終わらなくていいというのが、わかっているものの、紹介しきれていなかったのが目の前で見て「これでいいんだ」と思えました。
ワークの内容が自分にかぶるものが多く心が揺れました。この感覚をよく感じていたら、気づきに繋がりそうな気がします。

●MM様 34歳 元看護師・保健師
祖父をはじめとしたモラハラ、家族連鎖に悩んでいました。変化の時の葛藤に苦しむのが辛いし、あまり変わらないのではといい訳をして、参加に対して躊躇が少しあった。
仕事を辞めて人生の路頭に迷っていた時に、百ちゃんの事を思い出していたら、メールが来て百ちゃんの年齢のこともあり、参加しました。
参加して気づいたことは、いろいろありました。百ちゃんがクライアントの身体のわずかな動きを見逃さないこと。「お願いだから〇〇して」ではなく、「感情を入れて怒ることが大切」ということを知れたこと。過去が過去になっていないことが問題と知れたこと。見立てすると、人間関係の距離感が生まれとしまうと知れたこと。

今回初めて百ちゃんの前に座りワークを受けました。
家族連鎖があり、特に祖父への抑圧した怒りと悲しみの塊をどうしたらいいかわからない。わたしは子どもの頃から病気になることでそれらを表現していました。ワークでは感情を一致させて怒れていないことに気づき、芯を残すことは良くないと思い、納得いくまで何度もエンプティチェアを蹴飛ばしました。やっと正直に怒れたことで、胸の苦しみ、抱えていた大きな何かがスッキリしました!(椅子を蹴ることがゲシュタルトではないそうです)
エンプティチェアは感情をまとめるためにいいものだなと実感できました。ゲシュタルトは「実際に体験しないとわからないもの」です。勇気を出して体験して本当によかったです!また、参加している方々のワークを見ることで、自分の中の感情が勝手に湧き起こり自然と癒されていく。場の理論はすごいなあと実感しました。収穫の多いワークをありがとうございました!

●MA様 カウンセラー
「百武正嗣さんゲシュタルトアプローチセミナー~見立てをしない・共感しない・傾聴しないセミナー」の感想です。
見立て・共感・傾聴をしないということはどう言うことか、興味がありました。百武さんの丁寧な説明で、どのようなことなのか、なぜそうなのか、わかりました。
三つの領域についてあまり理解できていなかったのですが、今回、座学とワークの中での説明の両方で、わかったような気になっています。実際にワークで活用していくには練習が必要ですが、意識していきます。

そして「今、ここ」。
未完了の思いでも、過去の経験からきているものでも、「今、ここ」。
最初はぴんときませんでした。百武さんが根気よく説明してくださったおかげで、腑に落ちました。ワークは、今回のテーマを意識してみせてくださって勉強になり、感動するものでした。やっぱり百ちゃんのワークは素晴らしいです。
どうもありがとうございました。

●TA様  NLPトレーナー
今回もありがとうございました。見立てを、共感、傾聴をしないということは、すなわち、常に現実にアクセスし『いまここ』の場をクライアントとともに共有しながら存在し続けることなのだと改めて実感しました。
見立て、共感、傾聴という思考で囚われていると、いま目の前にいるクライアントのいまこの瞬間の表現が的確にキャッチできずにそこにセラピストが持っていきたい、シナリオにつれていくことになるのだろうと感じました。
過去を過去のこととして、完了できていないということ。同時に未来の不安をただの想像だとして、区別できることも大切で、いまこの瞬間にないものは創り出さず、すべていまここで完了させていく。
凍りつかせて、いたものに命を吹き込んで、過去(や想像しているもの)をいま自身が捉えているように『動きをもって』表してみる。それによって、思いもしなかった気づきがあるのだと理解しました。根深く、長い間、凍り付いていたものを丁寧に溶かしながらサポートされているももちゃんもスゴイと感じましたし、なにより、自身に真剣に取り組んで、最後まですべてを燃やされているクライアントの方々はまさに主人公で勇気ある挑戦者だなと感じて、ひとつひとつ鎧が外れて、表情がやわらかくなっていく過程がとても嬉しく感じました。こんな変化とともに居られるから、このゲシュタルトのみんなでやるスタイルが好きなんだと実感しました。
また、自身に関していえば、表現がへただから、自分の事例はあまりみんなに役立たないかもと思ったりで、最近はどっぷりクライアントとして、扱うことが少なかったので、次回参加との時は思い切ってやってみたいという想いが今は強いです。ありがとうございました。

●T様
どの療法でカウンセリングをやっていくのか、ずっと全く見つからなかったのですが、今年の1月のセミナーに参加させて頂いて、ゲシュタルト療法を深めていきたい!とやっとそう思えるものに出会えました。素直に生きるとこんなにも生き生きと力強く笑顔になり、とてもかわいらしくエネルギーが湧いてくるものだということが分かりました。心は変に大人になる必要もなく、子どもの心を大切にすることが生きやすさに繋がるのだと思いました。

●KH様
デモンストレーションでクライアントが話された内容が、自分自身の痛みと重なり、具体的にどのように体の反応を見ていくのかがわかり、大変参考になりました。体はとても正直なのですね。また、質疑応答での百武さんのお答えがとても深く、感銘を受けました。ありがとうございました。

●TM様
ZOOMでどうやってゲシュタルトのワークをやるのか樂しみだったが、さすがももちゃん!リアルとなんのディスアドバンテージも感じられないワークで感動しました。ZOOMでもあそこまでクライアントさんの深いところにアプローチできるのは凄いです。
そしてゲシュタルトの素晴らしさを改めて感じました。ありがとうございました。

●KK様 主婦
ワークを見ながら自分も身体を動かしてみると、自分の身体への気づきがありました。日常で私は身体の反応に気づきながら無視をしたり、強引に行動してしまうことがあります。そんな時に身体の声を聞いて対話してみると行動がもっとスムーズに行くのだろうと感じました。
ワークを見せてくれた人の身体の反応を見ると、以前に同じような反応をしていた人に会ったのを思い出したり、話を聞いて自分の事を思い出したり刺激のある一日になりました。最後のチェックアウトの時の声も自分ではこの声は出したい声では無いなぁと思ったので身体に聞いてみます。ありがとうございました。

<セミナー詳細>
・7月29日 「フェルデンクライス・ゲシュタルト療法」
見立てをしない・共感しない・傾聴しない!究極のセラピーテクニック講座

※10時〜17時半です
※ワークショップしだいで、終了時間は延長する場合があります。
※ZOOM参加、会場リアル参加、後日に動画視聴権購入、の3つの参加方法があります。動画の視聴期間は1ヶ月です
※いずれのセミナーも、遅刻、早退など入退室は自由です。
※ZOOMは、顔出しが必須です。

次回は、2023年の予定です。7月29日をお見逃しなく!

 

<撮影と販売について>
※このセミナーで撮影した動画や画像は、動画やDVDとして販売したり、百武事務局が運営するセミナーサイトに使用します。

ワークを受けたい方へ】
※ワークを希望する方は当日手を挙げてください。希望者が多い場合にはじゃんけんで決定します。
※ワークは一日につき、3人〜4人を予定しています。
※ワークはお一人あたり、1時間〜1時間半くらいかかります。
※撮影した動画は、動画視聴を希望の方にお届けしますので、撮影NGの方はワークを受けることはできません。(限定30人)

<会場参加の方へ>
・住所:東京都中央区築地4-1-17 銀座大野ビルB1
・交通:東京メトロ日比谷線&都営地下鉄浅草線「東銀座駅」 6番出口より徒歩2分

・地図: https://goo.gl/maps/BdP6zwy5vWc6rAVL9

ZOOM参加者へ>
・ZOOMリンクは、お申込み後にお知らせします。

・PC、タブレット、スマホをご用意ください。
・インターネット回線が繋がる環境でご利用ください。有線での視聴をお勧めします。
・顔出しでの参加が必須となります。
・もし回線トラブルなどがあり、聞き逃したり見逃した部分があっても、1ヶ月間の動画視聴期間があります。

●受講価格 1日につき
①(一般価格):1日49,800円
②(会員価格):1日19,800円
※会場参加、ZOOM参加、いずれも同じ価格で、後日動画のみ以下の価格です。
④動画視聴の価格 19,800円

●動画について
・動画は編集して1週間後くらいで、視聴URLをお知らせする予定です。
・動画は、会場参加者、ZOOM参加者、動画視聴者、最大105人に配布されます。
・動画は、セミナー終了後から1週間くらいでお届け予定です。
・視聴期間はお届けしてから1ヶ月間です。

●お支払い方法
銀行振り込み/各種クレジットカード(ペイパル決済は4%プラス)

※お申し込み後に、お振込口座など詳細をご連絡いたします。
※ご入金が確認できるまでは、お席の確定となりません。

●定員
会場参加の定員:25名
ZOOMの定員:50人
動画視聴の定員:30人

●参加条件
・20歳以上で自らの責任で参加できる方に限ります。
・精神科に通院中の方、精神薬を服用中の方は、医師に参加の承諾をもらってください

■さいごに
百武が理論を詳しく学べる機会は、2022年はこれが最後です!
このチャンスをお見逃しなく!

終了しました

●キャンセル規定
入金後のキャンセルはお受けしておりません。
収録した動画をお送りします。

●主催・運営
百武正嗣事務局:株式会社リフレームズ・コミュニケーション総合研究所

PAGE TOP