10日間集中セミナー 5日目

十日間集中セミナーに43人が参加している人達。
五日目で21人ワークをした。
全員がワークができるように、残りの5日間も頑張りマチュ

5日目のテーマは「夢のワーク」
ゲシュタルトの夢のワークは、分析したり、占ったりはしないぞ。
パールズはユングから夢には意味があることを教わった。
そこで彼は夢に命を与えるために「夢の世界」に入るのアプローチを編み出した。
夢の世界に入り込み現在形で再体験するのだ。
そして夢の中に登場した人物、風景、動物、大木になって、身体感覚を使いながら声を上げたり、囁いてみたり、飛び跳ねて見ることで、夢の全体像(ゲシュタルトを形成する)を経験するというアプローチである。

夢は本人が作り出している世界のイメージであるから、自己の内面の投影である。
それぞれの登場人物、道、家などになっていることで、夢全体の意味が体感でき気づきが生まれる。

夢の世界で出会った動物や風景はあなた自身なのだ。
それらに言葉を与え語らせてみる。
それらに動きを与えて体をその動きに委ねる時に気づきが訪れる。

関連記事

  1. ゲシュタルトはなぜ広まらない?
  2. 10日間集中セミナーの6日目
  3. 10日間集中セッション 8日目 スーパービジョン
  4. ゲシュタルト学会アイルランド大会で「家族連鎖」は一番人気で36名…
  5. 10日間集中セミナー2日目
  6. 10日間集中セミナー初日
  7. 10日間集中セミナー 9日目 「CFO」
  8. 10日間集中セミナーの7日目

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP